トップイメージ
末端冷え性ですが、そもそも自分が冷え性と自覚するようになったのは、ここ数年かなと思います。 何か病気でもない限り、自分の健康ということにそれほど神経を使っていないのかもしれないのですが、 寒ければ手足が冷たくなるのはあたりまえ、くらいにしか思っていなかったんですよね。 冬場は足の先が冷たくて眠れないのもあたりまえだし、手がかんじかんで、鉛筆を持っても思うように字が書けない ということも冬場の学校ではあたりまえ、という感じです。 というか、手足はよほど気候がいい時でない限りはたいてい冷たいです。 夏場すら、サンダルとか履いていたら、冷房の効いたところに入ると冷えてしまいます。 末端冷え性の対策、みたいのを見ると、血の巡りが悪いから、身体全体をまず温める、みたいなことが 書かれているのですが、身体が温まっても末端はそうそう温まりません。 むしろ、身体が火照っているのに末端だけ冷たいということの方が多くて、 末端だけ血管がいってないんじゃないかと思うくらいです。

リンク

Copyright © 1998 www.brandoncrispendowment.com All Rights Reserved.