トップイメージ
ここ最近は、喘息の患者の数はだんだんと増えてきている傾向があります。1,980年代まではそれほど多くはなかったのですが、1,990年代に入ったあたりからだんだんと患者数が増えてきている状況なのです。 例えば小学生の患者数で見てみますと、1,980年代あたりの患者数は現在の25%にも満たないという状況でした。ところが1,990年代に入ってから、その患者数がだんだんと増えていきます。2,000年代に入ってからも、その勢いは止まりませんでした。2,010年代に入ってもまだまだ患者の数は増えていき、現在もまだ増加していくような雰囲気が感じられます。 それは何も小学生の患者数だけでなく、子供全般に対して言える状況だそうです。子供たちの喘息患者数は、最近本当に増えてきている状況だそうです。 ちなみにその原因は不明です。色々な意見が浮上しているのですが、まだ明確なデータが判明していない状況です。 ただ喘息という症状は、肺に対して異物が入ってくることによって生じるものです。最近は、子供たちが異物を吸引することが増えてきているのかなと個人的には推理します。

リンク

Copyright © 1998 www.brandoncrispendowment.com All Rights Reserved.