トップイメージ
仕事人間の知人がいるのですが、彼の仕事にかける情熱は半端ではありません。 一般人には計り知れないエネルギーとモチベーションで会社に多大な利益をもたらしています。 正直言えば、プライベートを犠牲にしてまで頑張る意味があるのか、と追求したくなります。 でも「それが唯一の生き様だから」と語ってくれた表情は、哀愁が漂いつつどこか満足気だったのです。 彼のように努力をして結果を常に出せるなら、仕事は面白いかもしれません。 なぜかというと、周囲の期待に確実に答えられて、必要とされるならば、存在意義を感じることができますよね。 そういった経験が私にはないのでわかりませんが、多分彼はそのように感じているのだと予想できます。 ここまで紹介すると、睡眠時間を削り身を粉にしてるイメージを与えるかもしれませんね。 しかし、彼はほとんど残業というものはしないスタイルなのです。 就業時間内できちんと仕事をこなし、結果を出し続けているのだから、素晴らしい集中力を見習いたくなります。

リンク

Copyright © 1998 www.brandoncrispendowment.com All Rights Reserved.